Software Message Board
記事リスト新着記事ワード検索過去ログ管理用

タイトル リクエスト内容
投稿日: 2021/06/17(Thu) 21:52
投稿者tm

(1)使用コマンドによって通信や処理に時間がかかることがあり、コマンドに
そのまま実行内容を書くとPPcが一時操作不能になります。
対策としてスクリプトを使い処理終了後にリスト更新して開くということをしていますが、
いずれにしろ"list"にパスを書かないと実行されないため、コマンド実行直後に
一度更新前のリストを開き、リスト更新後再度開くという操作をしています。
最初の時点でリストが開かないようにできるスイッチのようなものがほしい。

(2)"*string i"は内部からのみ参照でき、"*string p"は普通に参照できることは確認済みですが、
aux:パス上で設定できる特殊環境変数がほしい。*string xxx,path=%*pathのようなことがしたい。

(3)%nで###と返ってきますが普通にIDが取れないかなと思いました。

(4)mvをrename以外でも使えるようにというかmoveがほしい。

(5)設定でカバーできることですが、rcloneでもgitでもルートを遡れてしまうのが困るので、
ルート設定ができてほしい。

(6)"git status"、"git log"を加工したリストファイルを使ったモード設定を使用しています。
現時点ではモードチェンジによる設定変更箇所が多く、特にキー操作の変更・復元が悩ましいです。
これらをシンプルにするためaux:で運用する方法を模索中です。
aux:は独自のパスを設定できることと、XC_dsetを使えば設定の自動変更ができそうなので
この部分が強化されれば嬉しい。

(7)aux:と直接関係ありませんが、実行中のppbの処理を中止するコマンドがほしい。(1)の
非同期実行で、リストをダブって取得したときなどに前のppbを閉じるのではなく処理中断したい。
処理後のPPbがいくつも追加されていくと面倒なのでメインPPbを一枚出して
他のPPbを管理する使い方がしたいということです。
*jobはちょっと触った程度で検証不足です。そちらでできるならすみません。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)