Software Message Board
記事リスト新着記事ワード検索過去ログ管理用

タイトル Re^3: PPx 1.82+3
投稿日: 2021/12/26(Sun) 13:49
投稿者tm

> 同じ現象が起きていないので予想ですが、多分ページャー本体が
> PPbの孫プロセスになっていると思います。PPbによるkill動作は、
> 起動した子プロセスのみが対象になってますので、子プロセスが
> 起動した孫プロセスが残ります。

プロセスの依存関係についてはよくわかっていないのですが、git log のページャーに対するkillだったのでご指摘の通り、孫プロセスなのかもしれません。
+4ではプロセスは残るものの待機状態は解除される場合が多いです。

moreに関しては適当なテキストファイルに対するPPc一行編集からの cat %R | more でconhost、wtどちらも+3と同様の状態になります。
PPbの子プロセスcatの子プロセスmore(孫)ということなんですかね。postmessageでQを送ることにします。

> こちらは研究中です。conhostの場合はほぼ問題ないのですが、
> wtの場合は、なんとかフォーカス切り替えに
> 成功している状態で、結構失敗することがあります。

こちらではwtのフォーカスは問題なく、conhostだと+4でも失敗しています。フォーカス自体はできているけれど、PPcにフォーカスが戻ってくる状態です。初期状態でもなるので、FIRSTEEVENT関連ではなさそうです。
とはいえ*focus PPB[ができるので差し障って困ることはなさそうです。

更新とバグ修正ありがとうございます。
*string uは使いどころが多そうだし、*imageや^Rも色々と遊べそうです。
ただ%Cは、echo %Cなどでは何も表示されず使い方がわかりませんでした。
%(%)は%*関数のときにダブルクオーテーションも展開されないようになれば混乱が少ないかなと思いました。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)