Paper Plane xUI 関連(Windows 95 - Windows Me / Windows NT4.0 - Windows 10/2019)

Paper Plane xUI (+1) (+2) - ファイル操作ツール集
Paper Plane xUI Windows ヘルプ - Windows ヘルプ版の PPx のヘルプファイル
Paper Plane xUI Message Module - ウィンドウメッセージを送信する PPx Module
Paper Plane xUI Window Module - ウィンドウ操作をおこなう PPx Module
Paper Plane xUI Position Module - マウスカーソルの位置制御等をおこなう PPx Module
Paper Plane xUI Text Module - 文字列関連の PPx Module
Paper Plane xUI Script Module - スクリプトを実行する PPx Module
doclock (Paper Plane xUI Dock Module) - 現在時刻を実行する PPx Dock Module
DockShow (Paper Plane xUI Dock Module) - PPx Dock Module形式のメディアプレイヤー
Paper Plane xUI Key Module - nストロークキー入力等の拡張するための PPx Module
Paper Plane xUI CFX Module - PPc のエントリ表示を拡張する PPx Module
Paper Plane xUI Windows Search Module - Windows Search による検索を行う PPx Module
Paper Plane xUI Everything Search Module - Everything による検索を行う PPx Module
PPx Common File Dialog Extender - ファイル・ディレクトリ選択ダイアログをPPcで選択補助
Paper Plane xUI(DirectWrite版) (+1) - DirectWriteを使用したPPx
Paper Plane xUI aux: path sample - PPx aux: パスの設定サンプル集
Paper Plane xUI(DirectX9版) - DirectX9 使用動作検証版
Paper Plane xUI(ARM64版) - 64bit ARM 動作検証版
Paper Plane xUI Python Module - Python スクリプトを実行する PPx Module の試作版
Paper Plane xUI Module Junk parts - 試作・動作確認用 PPx Module

Homeへ戻る
Paper Plane xUI Version 1.79
動作画面

   ppx179.zip ( MultiByte版,828 Kbytes, 2021-5-22, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))
   ppw179.zip ( UNICODE版,845 Kbytes, 2021-5-22, Windows NT 4.0 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppx64179.zip ( 64bit版,1145 Kbytes, 2021-5-22, Windows XP/2003 - Windows 10/2019 64bit)

ファイル操作用のツール集です。
大量のファイルを快適に操作するための機能と操作性に重点を置き、
各ソフト間で処理を分担し、連携したファイル操作を行うことができます。

UNICODE版,64bit版,MultiByte版があります。
・UNICODE版は、UNICODE文字を使ったファイル名のファイルを扱うことができます。
 Windows 95/98/Meで動作しません。
・64bit版は、64bit用のコンテキストメニューを使うことができ、
 32bit版よりも多くのメモリを利用可能です。
 ※32bit版Windowsで動作しません。
・MultiByte版は、Windows95以降のWindowsで動作します。
 Windows 95/98/Me 向けです。

・PPb
 コマンドプロンプトコンソール。クリップボード、ヒストリ、引用等の
 強力な編集機能と、コマンド実行を提供します。

・PPc
 ファイラ/ファイルマネージャ。以下の特徴を持っています。
 ・1窓/独立表示2窓/一体・タブ付き複数窓/連結2窓等の表示
 ・ファイルコピー・移動のバックグラウンド実行
 ・拡張子やファイル内容等による独自判別実行
 ・DOS/コンソールプログラムの実行結果をPPbで表示

・PPv
 マルチフォーマットビュワー。テキスト/画像/16進ダンプ表示、
 S-JIS/JIS/EUC/ANSI/UNICODE等のコード等の切替、HTMLタグの簡易解析等が可能です。
・PPtray
 ホットキー処理/ウィンドウ版コマンド実行を行います。

変更点
1.78→1.79
All
・日本語表示メッセージ(Mes0411)の自動更新を初期カスタマイズ時以外に行うように
・PPeで右端で折り返すかどうかを設定できるように(*editmode -linebreak:off)
・PPeに「PPvで印刷」を追加([F1]-[P])
・PPe,一行編集のTAB,ESC,Enterのカスタマイズ一時有効設定(*editmode -allkey)試作
・*ppe で -new なしのとき、ファイルが開けなかったときでも -k を処理するように
・*editmode の -modify より後に別のオプションを指定しても無視されるのを修正
・一時パス、ファイル、ディレクトリの取得(%*temp)を追加
・PPxのID指定で C_Zabc 形式を指定できるようにした
・統合アーカイバDLLを連続して実行するときに不安定になることがあるのを対策
・*packでファイル毎に1つの書庫を使ったとき、拡張子が2重になることがあるのを修正
PPc
・ListFileのコメントを編集後,別のListFileを開くと別のListFileが破損するのを修正
・エントリの直前のソート設定による再ソートを追加(*sortentry -react)
・エントリのソート設定の取得を追加(%*sortentry(last|id))
・1.78で、_others:imgextを指定しないと^[V]のBMP画像貼り付けに失敗するのを修正
・ファイル削除(特に\[D])された後に一覧を更新をしたときのカーソル位置を調整
・ファイル検索(^[W])でコメントの検索を行ったときは結果にコメントを含めるように
・タブの閉じるボタンを自動で隠すように(X_combos,2つ目 B8)
・dock内のステータス行,情報行の行高さがフォントサイズ変更の影響を受けないように
・dock内に複数行ステータス行を表示しているとき、カスタマイズ後1行に戻るのを対策
PPv
・印刷時の大きさ・余白位置を調整
・専用Susie Plugin(現在はWIC Susie Plug-in 1.9+3のみ)によるページ切り替えに対応
PPcust
・X_ccode=2のとき、CDコマンド出力で最後の改行コードが破損するのを修正
・カスタマイズ内容の書き出しオプションを追加(-nocomment, -nosort)

1.78+8→1.79
All
・*packでファイル毎に1つの書庫を使ったとき、拡張子が2重になることがあるのを修正


その他
オンラインヘルプ
ソース
●ページ切り替え・アニメーション表示対応 試作 WIC Plugin 1.9+4 : iftwic19p4.zip


Paper Plane xUI Version 1.79+1
   ppx179p1.zip ( MultiByte版,680 Kbytes, 2021-6-5, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))
   ppw179p1.zip ( UNICODE版,694 Kbytes, 2021-6-5, Windows NT 4.0 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppx64179p1.zip ( 64bit版,828 Kbytes, 2021-6-5, Windows XP/2003 - Windows 10/2019 64bit)

試験公開版です。 Version 1.79からの差し替え分のみとなってます。

変更点
1.79→1.79+1
All
・%!,%$,%{ を使用して編集した後、フルパスに補正する機能を無効にしてみた
・aux: パス内でのファイル複写・移動用の設定(copy,move)を追加
・一部のフォントサイズで文字の幅が正常に取得できない時の対策をおこなった
・一部のフォントで文字の右端が表示されないときの対策を用意した(X_ffix)
PPc
・比較[O]のエラー発生時の表示の仕方を調整した

Paper Plane xUI Version 1.79+2
   ppx179p2.zip ( MultiByte版,759 Kbytes, 2021-6-19, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))
   ppw179p2.zip ( UNICODE版,774 Kbytes, 2021-6-19, Windows NT 4.0 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppx64179p2.zip ( 64bit版,933 Kbytes, 2021-6-19, Windows XP/2003 - Windows 10/2019 64bit)

試験公開版です。 Version 1.79からの差し替え分のみとなってます。

変更点
1.79+1→1.79+2
All
・一行編集で %' を含む文字列があると、エラーダイアログがでる時があるのを修正
・aux: パスの移動用 get, store の設定(get-m, store-m)を追加
PPcust
・S_xxx で複数行にまたがる記載をできるようにした
PPc
・aux: パスで階層表示ありの時、ディレクトリの作成([K])ができないのを修正
・保持マスク(\[F],*setmaskentry)のパス限定時のダイアログ表示を調整した
・保持マスクの表示方法を変更、マスクの頭に空白等を入れるように(XC_dpmk)

Paper Plane xUI Windows ヘルプ
   ppxhelp.zip ( 367 Kbytes, 2021-5-22, Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP/2003)

オンラインヘルプの Windows Help ( WINHLP32.EXE )版です。
Windows Help は、Windows Vista 以降では標準で用意されていないため、ヘルプファイルを別途配布しています。

Paper Plane xUI Message Module
   ppxmes03.zip ( 54 Kbytes, 2010-1-16, Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP/2003/Vista/2008/7(32bit/64bit))

ウィンドウにメッセージを送信するための PPx Module です。
PPx コマンド・関数モジュールを自作するときの参考用です。
32bit版/64bit版が入っています。

変更点
R2→R3
・x64版を用意した

Paper Plane xUI Window Module
   ppxwin07.zip ( 68 Kbytes, 2016-9-3, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2012(32bit/64bit))

指定したウィンドウの最大化を交互におこなうコマンド、
指定したウィンドウ位置・大きさを別のウィンドウに合わせるコマンド
などが入った PPx Module です。
PPx コマンド・関数モジュールを自作するときの参考用です。

変更点
R6→R7
・*fitwindow で窓を移動したとき、Windows10で隙間が空かないようにした

Paper Plane xUI Position Module
   ppxpos01.zip ( 63 Kbytes, 2015-10-11, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2012(32bit/64bit))

マウスカーソルの位置制御や、メニューの表示位置制御等をするための
PPx Module です。

Paper Plane xUI Text Module
   ppxtext5.zip ( 80 Kbytes, 2019-12-8, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))

現在日付の取得、設定のトグル処理等のコマンドなどが入った PPx Module です。
PPx コマンド・関数モジュールを自作するときの参考用です。

変更点
R4→R5
・*nowdatetimeの時刻書式の末尾に記号を用いると、末尾にゴミが付加するのを修正

R3→R4
・*stdout / *stderr で BOM を出力できるように
・*nowdatetimeの時刻書式に元号固定(例:昭和94)の年表示を追加(jH,JH等)
・文字列の切り出し(%*substring, %*midstr, %*leftstr, %*rightstr)を追加
・左詰のパディング(%*padding)を追加

Paper Plane xUI Script Module
   ppxscr18.zip ( 161 Kbytes, 2020-1-11, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(32bit/64bit))

WSH のように ActiveX Scripting Host を利用して PPx 上でスクリプトを実行する
PPx Module です。
Paper Plane xUI 1.70 以降用です。0.43~1.69でも制限付きで使用可能です。

変更点
R17→R18
・PPx.Extract、PPx.result 等の文字数制限を緩和
・PPx.Echo の文字数制限を 8000 字に緩和
・マウスカーソルが指す位置の情報(PPx.PointIndex, PPx.PointType)を追加
・インライン実行(*js,*js9,*jsc,*vbs/%*js,%*js9,%*jsc,%*vbs)を追加
・拡張子jsのスクリプトは_others:usejs9 = 4 のとき、Chakra.dllを使うようにした
・拡張子jscのスクリプトはChakra.dll(Edge, ECMAScript 2015(6))を使うようにした

doclock (Paper Plane xUI Dock Module)
   DOCLOCK.LZH ( 8 Kbytes, 2008-3-8, Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP/2003/Vista(32bit/64bit))

PPxに現在時刻を表示させる為の PPx Dock Module です。
PPx Dock Module を自作するときの参考用です。

DockShow (Paper Plane xUI Dock Module)
   dockshow.zip ( 60 Kbytes, 2010-7-3, WindowsNT4.0/2000/XP/2003/Vista/2008/7(32bit/64bit))

Paper Plane xUI のウィンドウに埋め込んで使用するためのメディアプレイヤーです。
PPx Dock Module を自作するときの参考用です。

Paper Plane xUI Key Module
   ppxkey06.zip ( 112 Kbytes, 2021-4-18, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2019(x86, x64, Arm64))

nストロークキー入力や追加キー割当ての拡張ができます。
PPx キー入力拡張モジュールを自作するときの参考用です。

変更点
R5→R6
・R5で *setnextkey K_xxx とした時、K_xxx 内の *setnextkey の効果がないのを修正
・64bit ARM版を用意した

R4→R5
・(1.78/1.77+3以降)一行編集/PPeとその実行元で keymap が混ざらないようにした
・keymap を複数段登録することができるようにした
・キー割当ての追加・削除等をするコマンド(*mapkey)を追加
・キー・マウスボタンの状態を返す関数を追加(%*keystate)
・各種シフトキーの状態を返す関数を追加(%*shiftkeys)

Paper Plane xUI CFX Module
   ppxcfx4.zip ( 99 Kbytes, 2018-7-7, Windows 95 - Me / Windows NT 4.0 - 10/2016(32bit/64bit))

PPc のエントリ表示を拡張する PPx Module です。
棒グラフサイズ表示などが入っています。
PPc ファイル描画モジュールを自作するときの参考用です。

変更点
R3→R4
・Windows95~Meで異常終了しないようにした。※グラフ表示のみ対応、文字表示未対応
・コメントグラフと拡張コメントグラフを追加した

Paper Plane xUI Windows Search Module
   ppxws01.zip ( 89 Kbytes, 2010-10-2, Windows2000/XP/2003/Vista/2008/7(32bit/64bit))

Windows Search を使って一行編集の自動補完表示を行ったり、
検索を行ったりするための検索モジュールです。
検索モジュールを自作するときの参考用です。

Paper Plane xUI Everything Search Module
   ppxets05.zip ( 102 Kbytes, 2013-12-21, Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP/2003/Vista/2008/7/8/2012/8.1(32bit/64bit))

David Carpenter氏作のNTFSドライブ内ファイルの検索ソフトであるEverythingを使って、
一行編集の自動補完表示を行ったり、検索を行ったりするための検索モジュールです。
検索モジュールを自作するときの参考用です。

変更点
R4→R5
・(共通)最大回答数を指定できるようにした
・(ETP通信版)Everything 1.3 に仮対応 & 1.3 では各種ファイル情報を取得可能にした
・(ETP通信版)接続時のユーザ名とパスワードを指定できるようにした

PPx Common File Dialog Extender Version 1.1
   ppdex11.zip ( 71 Kbytes, 2019-1-12, Windows 2000 - 10/2016(32bit/64bit))

ファイルを開く・保存する、ディレクトリを選択する、
ダイアログを拡張して PPx で選択するためのボタンを追加します。

変更点
1.0→1.1
・名前を付けて保存ダイアログのときに、ボタンが押せないことがあるのを修正

Paper Plane xUI(DirectWrite版) Version 1.79
動作画面

   ppxdw179.zip ( 32bit版,1006 Kbytes, 2021-5-22, Windows 7/2008 R2 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppxdw64179.zip ( 64bit版,1136 Kbytes, 2021-5-22, Windows 7/2008 R2 - Windows 10/2019 64bit)

PPc と PPv のメインウィンドウを DirectWrite/Direct2D で描画するようにした PPx です。
従来のGDI表示でできなかった Unicode の複雑な合字表示や、Windows 8.1 以降の色つきの絵文字の表示が可能です。
※Version 1.75 から 32bit版と 64bit版を分けました。

Paper Plane xUI(DirectWrite版) Version 1.79+1
   ppxdw179p1.zip ( 32bit版,1007 Kbytes, 2021-5-22, Windows 7/2008 R2 - Windows 10/2019(32bit/64bit))
   ppxdw64179p1.zip ( 64bit版,1139 Kbytes, 2021-5-22, Windows 7/2008 R2 - Windows 10/2019 64bit)

試験公開版です。 Version 1.79からの差し替え分のみとなってます。

Paper Plane xUI aux: path sample
   ppxaux06.zip ( 51 Kbytes, 2020-9-27, Windows2000 - 10/2019(32bit/64bit))

PPx 1.50 以降で使用できる、aux: パスを具体的に利用するサンプル集です。
次のサンプルを用意しています。
・FTPの別実装
・WebADV
・adb.exe を使った android デバイス操作
curl
rclone

変更点
R5→R6
・登録名称を M_auxxxx から S_auxxxx に変更
・base 欄を記載
・ftpcmd.exe, webdavcmd.exe を .NET 4.0 版に変更

Paper Plane xUI(DirectX9版) Version 1.30
   ppw130dx.zip ( 847 Kbytes, 2013-3-31, Windows2000/XP/2003/Vista/2008/7/8/2012(32bit/64bit))

PPc と PPv のメインウィンドウを DirectX9 で描画するようにした PPx です。検証版ですので、実用するなら DirectWrite 版をおすすめします。
一部の操作をするときにアニメーションしたりします。

Paper Plane xUI(ARM64版) Version 1.79
   ppxarm64179.zip ( 1317 Kbytes, 2021-5-22, Windows10(Arm64))

ARM64 版 Windows10 用の動作検証版です。
migemoが必要なときは、cmigemo-arm64.zipを使用してください。

Paper Plane xUI Python Module
   ppxpyT01.zip ( 85 Kbytes, 2019-10-5, Windows 7/2008R2 - 10/2019(32bit/64bit))

Python 3.7 を利用して PPx 上でスクリプトを実行する PPx Module の試作版です。

Paper Plane xUI Module Junk parts
   ppxjunk2.zip ( 47 Kbytes, 2021-3-6, Windows 7/2008R2 - 10/2019(32bit/64bit))

試験的に作成した機能、動作確認用の機能等が入った PPx Module です。
条件によっては異常終了したり、終了できなくなったり、Windows 全体の
操作ができなくなったり、設定を破壊したりする機能も含まれているため、
使用には注意が必要です。

変更点
R1→R2
・%*SyncView の動作修正
・*FsRedirect、*KeepWake、*KeepDisplay、*KeepOff を追加

Copyright(c)1997-2021 TORO/高橋 良和 E-mail: toroid.jp @​gmail.com
access counter用
TORO's Library

Software

 Windows
  PPx
  DLL,SusiePlugin
 MS-DOS
 SHARP PC-E500

Hardware

 SHARP PC-E500

Data

 Information
  PPx Help
 DOS 上で LFN
 Source
 Config Memo
 Win32 API memo

Message Board

 Software