[リストへもどる | 新着記事50件]
新着記事


タイトルCLISM excellent 2.1
記事No3037   [関連記事]
投稿日: 2018/09/29(Sat) 12:24
投稿者TORO
CLISM excellent 2.1 を公開しました。

設定ファイルの読み込みの調整を行っています。


タイトルRe^4: PPx 1.63 一式
記事No3036   [関連記事]
投稿日: 2018/09/24(Mon) 21:26
投稿者TORO
確かに command.com だとエラー出力のリダイレクトができないですね。
次版で、Win9xのときのみ、元の動作をするようにします。
それまでは、ppcust.exe だけ 1.62 に戻して使ってください。


タイトルRe^3: PPx 1.63 一式
記事No3035   [関連記事]
投稿日: 2018/09/23(Sun) 13:35
投稿者Lisa
出力関係の件承知しました

ただ、Win98の環境だとファイルディスクリプタ別によるリダイレクトができなくてやっぱり0byteですが、そこは妥協します
ありがとうございました


タイトルRe^2: PPx 1.63 一式
記事No3034   [関連記事]
投稿日: 2018/09/23(Sun) 11:17
投稿者TORO
確かに 1.62+2 で出力関係の調整を行いました。
標準出力は、カスタマイズやヒストリの内容出力に、
標準エラー出力は、動作情報や、空き容量出力に
振り分けています。

次の内容を cmd 上で実行して確認しています。
ppcustw cd > %temp%\ppx.cfg
ppcustw cd 2> %temp%\ppx.log
ppcustw cd | ppvw


タイトルRe: PPx 1.63 一式
記事No3033   [関連記事]
投稿日: 2018/09/22(Sat) 23:20
投稿者Lisa
バージョンアップお疲れ様です!
コマンドラインでPPCUSTカスタマイズ時のメッセージが標準出力しなくなってませんか?
リダイレクトでLog出力してましたがver1.63にしたところ0byteになってしまいました;


タイトルPPx 1.63 一式
記事No3032   [関連記事]
投稿日: 2018/09/22(Sat) 11:43
投稿者TORO
PPx 1.63 / DW版 / ソースを公開しました。

setup を色々調整・修正しています。特に、UNICODE版/64bit版を
UNICODE化しています。

また、一行編集をマウス・タッチで操作しやすくなるための
コマンドバーを用意できるようにしました。まだ、表示on/offの
設定を用意しておらず、B_flm/B_flp/B_fltの設定を追加した時点で
常時有効になります。使う場合はヘルプのB_flmの欄にサンプルを
記載していますので、これを参考にしてください。


タイトルPPx 1.62+3
記事No3030   [関連記事]
投稿日: 2018/09/08(Sat) 11:02
投稿者TORO
PPx 1.62+3 を公開しました。

PPcのドラッグによる範囲選択の挙動を調整しています。


タイトルExtend convert Susie Plug-in 1.2+3
記事No3029   [関連記事]
投稿日: 2018/09/02(Sun) 11:37
投稿者TORO
Extend convert Susie Plug-in 1.2+3 を公開しました。

axextend に UNICODE版APIを追加したほか、いくつか調整しています。


タイトル動作報告
記事No3028   [関連記事]
投稿日: 2018/08/27(Mon) 20:06
投稿者fzok4234
更新ありがとうございます。

おかげでNeeView 32.0とだいなファイラー DYNA 3.00でみられた異常終了や
エラーメッセージがなくなりました。



タイトルRe^2: テキストと画像でPPvのホイール挙動を変えたいです
記事No3027   [関連記事]
投稿日: 2018/08/26(Sun) 22:09
投稿者gochoukou
> 各 LOADEVENT の最後に「%: %K"loadcust"」を追加して、手動で
> 再カスタマイズを行ってください。
> _others は、どちらのコマンドでも、再カスタマイズを省略するように
> 細工していました。

解決しました。どうもありがとうございました。


タイトルRe: WIC Susie Plug-inへの要望
記事No3026   [関連記事]
投稿日: 2018/08/26(Sun) 21:15
投稿者TORO
画像の伸縮が発生する処理は、Plugin利用側に一任しています。

特に画像ビュワーは独自の伸縮処理(補完処理とか)による画質改善を
行っているため、Plugin側で処理すると画質低下になるためです。

また、iftwic は、アスペクト比情報として、ビットマップ情報の縦横
解像度を出力しており、アスペクト比を考慮するビュワー(拙作PPv等)が、
縦横解像度を利用して伸縮を行えるようになっています。


タイトルRe: テキストと画像でPPvのホイール挙動を変えたいです
記事No3025   [関連記事]
投稿日: 2018/08/26(Sun) 21:04
投稿者TORO
各 LOADEVENT の最後に「%: %K"loadcust"」を追加して、手動で
再カスタマイズを行ってください。
_others は、どちらのコマンドでも、再カスタマイズを省略するように
細工していました。


タイトルExtend convert Susie Plug-in 1.2+2
記事No3024   [関連記事]
投稿日: 2018/08/26(Sun) 21:00
投稿者TORO
Extend convert Susie Plug-in 1.2+2 を公開しました。

axextend が異常終了することがあるのを修正しています。


タイトルRe: 動作報告
記事No3023   [関連記事]
投稿日: 2018/08/26(Sun) 21:00
投稿者TORO
異常終了はこちらでも確認し、修正版を出しました。

コマンドが複数実行されることについては、いずれもPlugin側による対応が
非常に難しいため、仕様とします。


タイトルWIC Susie Plug-inへの要望
記事No3022   [関連記事]
投稿日: 2018/08/26(Sun) 04:19
投稿者fzok4234
お世話になっております。

さて、WIC Susie Plug-in 1.8についてですが、画像ファイルに埋め込まれた「アスペクト比」の
情報に基づいて横方向に伸縮させて出力させることは可能でしょうか。

PNGやTIFFやJPEG形式の画像ファイルには、表示させる際のアスペクト比の情報を設定することが
できます。例えば、320x240のBMP画像(SAR 1:1、DAR 4:3)を無劣化で横方向に2倍に引き伸ばすことを
意図して、FFmpegを使って

>ffmpeg -i "input.bmp" -vcodec png -aspect 8:3 -f image2 "output.png"

として320x240、SAR 2:1すなわちDAR 8:3のPNG画像を作成するときです。このPNG画像をFFmpegで

>ffplay "output.png"

として再生した場合は、ちゃんとDAR 8:3となるように640x240に引き伸ばされて表示されます。
しかし、iftwic.spiで表示したときは元の320x240すなわちDAR 4:3のままで表示されてしまいます。

そこで、要望としてはiftwic.spi側でPNG画像に設定されたDAR 8:3の情報に基づいて640x240に
引き伸ばす処理を実装してほしいわけです。

当方ではaxextend.spiからFFmpegを呼び出して動画ファイルを画像ビューアーで表示するため、
axextend.cfgに

 *.avi;*.mp4;*.mkv;*.mpg
 &>"ffmpeg" -i "%src%" -c:v:0 png -filter:v:0 "fps=fps=1/60:round=inf" -map 0:v:0 -f image2 -start_number 0 -vsync 0 "%dst%\%08d.png"

と記述した上で、PNG画像をiftwic.spiで表示する運用を行っています。しかし、NTSCのDVDを
変換した動画などSARが1:1ではない動画ファイルは、出力PNG画像にもSARが移行されているにも
かかわらず、iftwic.spiがSAR 1:1としてそのまま扱うため画像ビューアー上では歪んで表示されて
しまいます。

どうかよろしくお願いします。



タイトルテキストと画像でPPvのホイール挙動を変えたいです
記事No3021   [関連記事]
投稿日: 2018/08/25(Sat) 22:38
投稿者gochoukou
お世話になっております
テキストを開いたときは、開いたファイルを下にスクロール
画像を開いたときは、PPcと連動して次の画像へ
というふうにPPvのホイール挙動を変えたいと思いまして
以下のように設定してみたところ、思ったように動くようになりました。

しかし、問題が1つあって、設定が変わるとき
(以前、画像を開いていて、次にテキストを開いたとき またはその反対)
一度PPvを閉じてもう一度開かないと設定が反映されません。
setcustだと駄目なのかと思い、customizeを使ってみたのですが上手くいきません。
一度PPvを閉じて開き直さなくてもいいようにするには、どこを直せばいいでしょうか?

よろしくお願い致します。

KV_page = { ; PPvテキスト(ページ)追加設定
LOADEVENT ,*customize _others:PPPV = 0
}
KV_crt = { ; PPvテキスト(キャレット)追加設定
LOADEVENT ,*customize _others:PPPV = 0
}
KV_img = { ; PPv画像追加設定
LOADEVENT ,*customize _others:PPPV = 1
}


タイトル動作報告(追加)
記事No3020   [関連記事]
投稿日: 2018/08/25(Sat) 14:09
投稿者fzok4234
NeeView Canary版 (2018/08/23)でも動作確認をしました。こちらは、NeeView 32.0 正式版で
見られた異常終了は起きませんでした。



タイトル動作報告
記事No3019   [関連記事]
投稿日: 2018/08/25(Sat) 13:51
投稿者fzok4234
更新ありがとうございます。早速テストさせていただきました。


設定ファイルは以下のようにコンソールウィンドウが表示されたまま一時停止するように
しました。

---------------- axextend.cfg --------------------------------------------------
:BBBBB archive
*.bbbbb
&"cmd" /C ( "xcopy" "C:\Test\test" "%dst%" /S /E /V /C /I /F /G /H /R /K /Y && PAUSE )
--------------------------------------------------------------------------------

---------------- ifextend.cfg --------------------------------------------------
:CCCCC image
*.ccccc
&"cmd" /C ( COPY /V /Y "C:\Test\test\file.bmp" "%dst%" && PAUSE )
--------------------------------------------------------------------------------


各アプリでの動作結果は以下の通りです。

全てのアプリ :
 コマンド実行時にコンソールウィンドウが標準サイズで表示されるようになりました。

NeeView 32.0 :
 フォルダーリストでt.bbbbb書庫ファイルをクリックすると、コマンド実行後に異常終了して
 しまいました。

Leeyes 2.6.1、Susie 0.47b、Hamana 1.48 :
 書庫内ファイルのパスは正常になりました。

あふw 1.63 :
 t.bbbbb書庫ファイルを開くときにコマンドが2回実行されてしまいます。また、書庫内の
 フォルダーや画像ファイルを開くたびにコマンドが1回実行されてしまいます。

だいなファイラー DYNA 3.00 :
 t.bbbbb書庫ファイル直下の画像ファイルを開くたびにコマンドが1回実行されてしまいます。
 また、書庫内のフォルダーを開こうとすると、
 
  Plugin generated Win32 Exception
 
 というエラーメッセージが表示されて開くことができません。




タイトルExtend convert Susie Plug-in 1.2+1
記事No3018   [関連記事]
投稿日: 2018/08/25(Sat) 11:49
投稿者TORO
Extend convert Susie Plug-in 1.2+1 を公開しました。

axextend がディレクトリの扱いに誤りがあったのを修正しています。
また、内部処理をいくつか見直しているため、試験公開版としています。


タイトルRe: 「>」不使用時の挙動の質問
記事No3017   [関連記事]
投稿日: 2018/08/22(Wed) 22:48
投稿者TORO
こちらでは、最小化されていない状態で表示されています。
環境により挙動が変わっているようなので、すこしいじってみます。


タイトル「>」不使用時の挙動の質問
記事No3016   [関連記事]
投稿日: 2018/08/19(Sun) 20:48
投稿者fzok4234
あとそれから質問があるのですが、「>」不使用時に開かれるコンソールウィンドウは
常にタスクバーのボタンとして最小化された状態であり、ボタンをクリックしても
通常のウィンドウサイズに戻すことはできません。この挙動は正常な動作なのでしょうか。

例えば、コマンド実行後に意図的にコンソールウィンドウを残すためにaxextend.cfgで

 :BBBBB archive
 *.bbbbb
 "cmd" /C ( "xcopy" "C:\Test\test" "%dst%" /S /E /V /C /I /F /G /H /R /K /Y && PAUSE )

とした場合、.bbbbbファイルを開くときにタスクバーにコマンドプロンプトのウィンドウの
ボタンが出現したまま処理が中断され、続行するためにはこのボタンを右クリックして
「ウィンドウを閉じる」を選択する必要があります。

コマンド実行に何も問題がないときには、一部のコンソールアプリで問題が起きる「>」を
使わなくてもコンソールウィンドウが最小化されるため有り難いです。しかし、トラブル
シューティングのために

 "cmd" /C ( <コマンドライン> && PAUSE )

としてコンソールへの表示内容を確認したいときには不便です。



タイトルRe^2: 「>」不使用時の動作報告(2ページ)
記事No3015   [関連記事]
投稿日: 2018/08/19(Sun) 20:19
投稿者fzok4234
> もしかして、axextendを使う設定を行っていませんか?あふは、
> 書庫系は明示しないと使わなかったはずです。

AFXWCFG.EXEの拡張子判別実行のタブで拡張子.aaaaaと.bbbbbに対して、ENTERのコマンドに

 &S_ARC "axextend.SPI"

を指定する動きました。ご指摘ありがとうございます。ただし、 Leeyes、Susie、Hamanaと
同じ書庫内パスの異常が見られましたが。


> ifextend の実行に至っていないようなので、Hamana側の問題では
> ないですか?

確かに、Hamanaでは.7z書庫内の.bmp画像も同じくError!となるなど不具合が見られます。


> 「\」が漏れるのはこちらのミスです。修正版で対応します。

不具合への対応ありがとうございます。




タイトルRe: 「>」不使用時の動作報告(2ページ)
記事No3014   [関連記事]
投稿日: 2018/08/18(Sat) 23:12
投稿者TORO
> 「?」使用時の挙動
単純に表示するだけの機能です。実行するときは同じ内容を別の行に
記載します。

> %dst%の部分のパスが、axex1.tmpやifex1.bmpの手前の\記号が2つ重なっています。
パスの記載方法として許容されている仕様です。内部処理の簡略化の
ためそのままにしています。

> 1. あふwでのaxextend.SPIの動作について :
もしかして、axextendを使う設定を行っていませんか?あふは、
書庫系は明示しないと使わなかったはずです。

> 2. Hamanaでのifextend.SPIの動作について :
ifextend の実行に至っていないようなので、Hamana側の問題では
ないですか?

> 5. Leeyes、Susie、Hamanaにおけるaxextend.SPI使用時の書庫内パスの異常について :
「\」が漏れるのはこちらのミスです。修正版で対応します。

> 6. だいなファイラー DYNAにおけるaxextend.SPI使用時の書庫内ファイルの消失について :
axextendは、1つのファイルを扱っている間のみ展開したファイルを
維持する仕様です。多分、DYNAは途中で別のファイルも開いて
しまっているようです。その場合、axextendは使用できません。


タイトルRe^5: Extend convert Susie Plug-in 1.2
記事No3013   [関連記事]
投稿日: 2018/08/18(Sat) 21:41
投稿者TORO
> .cabの中身が1つの時がダメみたいです
これについて確認したところ、expand.exe が cab 内に1ファイルしか
無いとき、cab のファイル名で展開してしまうため、該当症状になる
ようです。
対処する方法はなさそうです。


タイトル「>」不使用時の動作報告(2ページ)
記事No3012   [関連記事]
投稿日: 2018/08/16(Thu) 10:24
投稿者fzok4234
 3.5. MassiGra :
  t.aaaaaとt.bbbbb共に正常に開けました。Tempフォルダーにはaxex1.tmpが存在し、
  その構造はC:\Test\testと同一でした。
 3.6. あふw :
  前述の1.に示したとおり、実行不能でした。
 3.7. だいなファイラー DYNA :
  t.aaaaaとt.bbbbb共にxcopyは実行されました。しかし、Tempフォルダーにはaxex1.tmp等の
  フォルダーは存在しませんでした。また、書庫直下のfile.bmpとfile0.bmpは存在し共に
  正常に開けましたが、dir0\file.bmp、dir1\file.bmp、dir1\dir0\file.bmpは存在せず、
  空のdir0、dir1、dir1\dir0フォルダーが存在するだけです。

5. Leeyes、Susie、Hamanaにおけるaxextend.SPI使用時の書庫内パスの異常について :
 前述の3.2.、3.3.、3.4.に示したとおり、次のような書庫内パスの異常がありました。
  dir0\file.bmp -> dir0file.bmp
  dir1\file.bmp -> dir1file.bmp
  dir1\dir0\file.bmp -> dir1\dir0file.bmp
 しかし、Temp\axex1.tmpの中身はC:\Test\testと同一で異常はありませんでした。

6. だいなファイラー DYNAにおけるaxextend.SPI使用時の書庫内ファイルの消失について :
 前述の3.7.に示したとおり、書庫内フォルダーの中のファイルが存在しない状態です。




タイトルRe^4: Extend convert Susie Plug-in 1.2
記事No3011   [関連記事]
投稿日: 2018/08/16(Thu) 10:23
投稿者kiyohiro
原因が分かりました
.cabの中身が1つの時がダメみたいです
1.cab(中身a.jpg)の時、leeyesで見ようとすると1.cabがループしました
2.cab(中身a.jpg,b.jpg,c.jpg,d.jpg)の時は画像表示出来ました
よろしくお願いします


タイトル「>」不使用時の動作報告(1ページ)
記事No3010   [関連記事]
投稿日: 2018/08/16(Thu) 10:23
投稿者fzok4234
とりあえず、axextend.cfgとifextend.cfgの「>」を外してから実行してみました。

1. あふwでのaxextend.SPIの動作について :
 t.aaaaaとt.bbbbbの2つのテキストファイルを作成してあふwから開いてみましたが、
 ファイルの中身をテキストとして表示するだけで、コンソールウィンドウの出現や
 プログラムの起動音はありませんでした。また、Tempフォルダーにはaxex1.tmp等の
 フォルダーは存在しませんでした。

2. Hamanaでのifextend.SPIの動作について :
 t.ccccc、t.ddddd、t.eeeeeの3つのファイルは共に「Error !」と表示され、
 コンソールウィンドウの出現やプログラムの起動音はありませんでした。また、Temp
 フォルダーにはifex1.bmp等のファイルは存在しませんでした。

3. xcopyの実行について :
 3.1. NeeView :
  t.aaaaaとt.bbbbb共に正常に開けました。しかし、Tempフォルダーにはaxex1.tmp等の
  フォルダーは存在しませんでした。
 3.2. Leeyes :
  t.aaaaaとt.bbbbb共にxcopyは実行されました。Tempフォルダーにはaxex1.tmpが存在し、
  その構造はC:\Test\testと同一でした。しかし、アプリ上では書庫内パスに異常が
  ありました。
 3.3. Susie :
  t.aaaaaとt.bbbbb共にxcopyは実行されました。Tempフォルダーにはaxex1.tmpが存在し、
  その構造はC:\Test\testと同一でした。しかし、アプリ上では書庫内パスに異常が
  ありました。
 3.4. Hamana :
  t.aaaaaとt.bbbbb共にxcopyは実行されました。Tempフォルダーにはaxex1.tmpが存在し、
  その構造はC:\Test\testと同一でした。しかし、アプリ上では書庫内パスに異常が
  ありました。

2ページ目に続く。



タイトル%dst%のパスの異常?
記事No3009   [関連記事]
投稿日: 2018/08/16(Thu) 10:20
投稿者fzok4234
それから、「?」使用で表示されるコマンドラインについてですが、axextend.SPIでの

 ?"xcopy" "C:\Test\test" "C:\Users\********\AppData\Local\Temp\\axex1.tmp" /S /E /V /C /I /F /G /H /R /K /Y

とか、ifextend.SPIでの

 ?"cmd" /C ( COPY /V /Y "C:\Test\test\file.bmp" "C:\Users\********\AppData\Local\Temp\\ifex1.bmp" )

という風に%dst%の部分のパスが、axex1.tmpやifex1.bmpの手前の\記号が2つ重なっています。



タイトル「?」についての質問
記事No3008   [関連記事]
投稿日: 2018/08/16(Thu) 02:10
投稿者fzok4234
「?」使用時の挙動ですが、コマンドラインをメッセージボックスで表示するだけで
実際には何も実行しないのは正常な動作なのでしょうか。

試しにaxextend.cfgとifextend.cfgの「&>」を「?」に置き換えて実行してみたところ、
全てのアプリで展開や表示ができなくなってしまいました。コンソールウィンドウの
出現やプログラムの起動音(当方ではコントロールパネルのサウンドのところで
プログラムの起動と終了のイベントにサウンドを割り当てている)もなくなり、コマンドが
実行されている気配が全くありません。

そして、ifextend.SPIにおいては、

 「変換したファイルを開けません。(2,C:\Users\********\AppData\Local\Temp\\ifex1.bmp)
 指定されたファイルが見つかりません。」

というメッセージボックスがコマンドのメッセージボックスを閉じた後に出現します。

「?」で一時停止しながらコマンド実行の挙動を細かく確認したかったのですが残念です。




タイトルRe^3: Extend convert Susie Plug-in 1.2
記事No3007   [関連記事]
投稿日: 2018/08/15(Wed) 21:08
投稿者TORO
ffmpegについては了解です。尚、「cmd /c D:\Software\Porta〜"%dst%"
&& pause」等を実行すると、コンソールで何処が悪かったかを確認できた
かもしれません。

あと、cabについては、leeyes2.6.1で、iftwic.spiの併用による操作確認が
済んでいます。ただし、1フォルダに1cabファイルの確認でしたので、
複数のcabがあると失敗するかもしれません。一覧の取得後、ファイルを
開く前に別の一覧を取得すると、展開した内容が失われるので、始めの
一覧で得たファイルが開けなくなります。


タイトルRe: 動作報告(4ページ)
記事No3006   [関連記事]
投稿日: 2018/08/15(Wed) 21:07
投稿者TORO
ざっと見ました。
とりあえず、独自の記載をする場合、「>」を外した状態で動作確認を
してください。
また、%dst%に意図したbmpファイル/フォルダ内容が残っているかを
確認してください(「?」を使ってコマンドラインの確認をしたり、
一時停止させると確認しやすくなります。)。

「>」を使うとマニュアルの通り「コンソールがあることを前提にして
いるコマンドの動作がおかしくなることがあります。」
また、隠していたコンソールが表示されるように制御されることが
あります。(「>」の指定は、コマンドを実行するときにコンソールを
隠す指示をしているだけで、その後表示されても対応できません。)


結果の「1.」「2.」「6.」について「>」を外しておけば、コマンド
実行に至っていないか、実行を行ったがその後の問題により一覧の
取得に失敗したかの判断が可能です。
「3.」「4.」については最初に書いたとおりです。
「5.」については、配布書庫内の設定ファイルで、leeyes2.6.1/
susie3.47bで動作確認してありますが、もう一度確認してみます。


タイトルRe^2: Extend convert Susie Plug-in 1.2
記事No3005   [関連記事]
投稿日: 2018/08/15(Wed) 15:23
投稿者kiyohiro
解決しました
ImageMagick-7.0.8-10-portable-Q16-x86.zipに入ってるffmpeg.exeでは無く
普段使ってるあべちんさんのffmpeg.exeにすると表示出来ました
ImageMagickのffmpeg.exeを某ソフトで調べた所、x64bitになってて多分入れ間違い?
> あとexpand.exeのcabも中身の画像(jpg)が見れませんでした
こちらは未解決です
よろしくお願いします


タイトルRe: Extend convert Susie Plug-in 1.2
記事No3004   [関連記事]
投稿日: 2018/08/12(Sun) 15:54
投稿者kiyohiro
どうもお世話になってます
使い方を教えてもらえないでしょうか
取り敢えずImageMagick-7.0.8-9-portable-Q16-x86.zipと
Ghostscriptをいれ画像やPDF、アニメーションGIF、マルチページTIFFは見れました
分からないのは動画の画像です
ffmpeg.exeのパスを通すのはどうすればいいのでしょうか
単純に
&>D:\Software\Portable\ImageMagick\ffmpeg.exe -i "%src%" -ss 2 -t 1 -r 1 "%dst%"
&>"D:\Software\Portable\ImageMagick\ffmpeg.exe" -i "%src%" -ss 2 -t 1 -r 1 "%dst%"
&>"D:\Software\Portable\ImageMagick\ffmpeg.exe -i" "%src%" -ss 2 -t 1 -r 1 "%dst%"
ではダメでした
Leeyes.exeのフォルダにffmpeg.exeをいれデフォルトでは見れるのでパスの通し方が悪いみたいのですがよくわかりませんでした
あとexpand.exeのcabも中身の画像(jpg)が見れませんでした
よろしくお願いします


タイトル動作報告(4ページ)
記事No3003   [関連記事]
投稿日: 2018/08/12(Sun) 03:20
投稿者fzok4234
あふw 1.63 :
*.aaaaa : 書庫として認識できずテキストとして開いてしまう。
*.bbbbb : 書庫として認識できずテキストとして開いてしまう。
*.ccccc : 正常に表示される。
*.ddddd : 正常に表示される。
*.eeeee : 正常に表示されるがコンソールウィンドウが出現して消える。

だいなファイラー DYNA 3.00 :
*.aaaaa : 書庫として認識するが中身がない。
*.bbbbb : 書庫として認識するが、ルートのfile.bmpとfile0.bmpのみが存在してdir0等の
フォルダー内のファイルが消えてしまっている。また、書庫内のファイルやフォルダーを
開くたびにコマンドが実行され、コンソールウィンドウが出現して消える。
*.ccccc : 正常に表示される。
*.ddddd : 正常に表示される。
*.eeeee : 正常に表示されるがコンソールウィンドウが出現して消える。


結果をまとめると以下の通りです。
1. あふwでaxextend.SPIが全く動作しない。
2. Hamanaでifextend.SPIが全く動作しない。
3. axextend.SPIでxcopyすなわちC:\Windows\System32\xcopy.exeを直に呼び出すと動作しないが、
コマンドプロンプトを介すると動作する。なぜcmdなら動いてxcopyならダメなのか分からない。
4. >記号があるのにかかわらずコンソールウィンドウが出現するのは、Leeyes使用時と、コマンドプロンプトを
介して実行ファイルを起動するとき。
5. axextend.SPIで書庫内パスがおかしいのはLeeyes、Susie、Hamanaである。
6. axextend.SPIで書庫内ファイルの消失があるのはだいなファイラー DYNAである。
7. axextend.SPIで無駄にコマンド実行を繰り返すのはNeeViewとだいなファイラー DYNAである。

上記7.についてはおそらくアプリ側の不具合と思われます。NeeViewについては開発者に不具合報告をいたしました。

報告は以上です。長文の投稿、大変失礼しました。



タイトル動作報告(3ページ)
記事No3002   [関連記事]
投稿日: 2018/08/12(Sun) 03:19
投稿者fzok4234
Leeyes 2.6.1 :
*.aaaaa : 書庫として認識するが中身がない。
*.bbbbb : 中身のある書庫として認識する。ただし、書庫内のパスがおかしい。例えば、
dir0\file.bmpとあるべきのがdir0file.bmpとなってしまうように、フォルダー名と
ファイル名との間の\記号が抜けてしまっている。また、NeeView同様コンソール
ウィンドウが出現して消える。
*.ccccc : 正常に表示されるがコンソールウィンドウが出現して消える。
*.ddddd : 正常に表示されるがコンソールウィンドウが出現して消える。
*.eeeee : 正常に表示されるがコンソールウィンドウが出現して消える。

Susie 0.47b :
*.aaaaa : 書庫として認識するが中身がない。
*.bbbbb : 中身のある書庫として認識する。ただし、Leeyesと同じ書庫内パスの異常がある。
また、コンソールウィンドウが出現して消える。
*.ccccc : 正常に表示される。
*.ddddd : 正常に表示される。
*.eeeee : 正常に表示されるがコンソールウィンドウが出現して消える。

Hamana 1.48 :
*.aaaaa : 書庫として認識するが中身がない。
*.bbbbb : 中身のある書庫として認識する。ただし、Leeyesと同じ書庫内パスの異常がある。
また、コンソールウィンドウが出現して消える。
*.ccccc : 表示できない。
*.ddddd : 表示できない。
*.eeeee : 表示できない。

MassiGra 0.45 :
*.aaaaa : 書庫として認識するが中身がない。
*.bbbbb : 中身のある書庫として認識するが、コンソールウィンドウが出現して消える。
*.ccccc : 正常に表示される。
*.ddddd : 正常に表示される。
*.eeeee : 正常に表示されるがコンソールウィンドウが出現して消える。

4ページ目に続く。



タイトル動作報告(2ページ)
記事No3001   [関連記事]
投稿日: 2018/08/12(Sun) 03:16
投稿者fzok4234
コピー元の画像のあるC:\Test\testフォルダーの中身 (コマンドプロンプトのDIRコマンドの結果)
---------------------------------------------------------------------------
C:\Test\test のディレクトリ

2018/08/04 16:06 <DIR> dir0
2018/08/04 16:06 <DIR> dir1
1998/10/02 23:38 470,934 file.bmp
1998/10/02 23:38 470,934 file0.bmp
2 個のファイル 941,868 バイト

C:\Test\test\dir0 のディレクトリ

1998/10/02 23:38 470,934 file.bmp
1 個のファイル 470,934 バイト

C:\Test\test\dir1 のディレクトリ

2018/08/04 16:07 <DIR> dir0
1998/10/02 23:38 470,934 file.bmp
1 個のファイル 470,934 バイト

C:\Test\test\dir1\dir0 のディレクトリ

1998/10/02 23:38 470,934 file.bmp
1 個のファイル 470,934 バイト

ファイルの総数:
5 個のファイル 2,354,670 バイト
11 個のディレクトリ 456,877,703,168 バイトの空き領域

---------------------------------------------------------------------------


以下、各アプリでの拡張子ごとの動作です。

NeeView 31.0 :
*.aaaaa : ブックとして認識するが中身がない。
*.bbbbb : 中身のあるブックとして認識する。ただし、フォルダーリストでブックを
クリックすると、ブック内の画像の数だけコマンドが繰り返し実行されてしまう。
また、>記号があるのにかかわらずコンソールウィンドウが出現して消える。
*.ccccc : ページとして正常に表示される。
*.ddddd : ページとして正常に表示される。
*.eeeee : ページとして正常に表示される。ただし、>記号があるのにかかわらず
コンソールウィンドウが出現して消える。

3ページ目に続く。




タイトル動作報告(1ページ)
記事No3000   [関連記事]
投稿日: 2018/08/12(Sun) 03:14
投稿者fzok4234
早速の対応ありがとうございます。

いろいろテストした結果、新たな不具合が見つかりましたので報告いたします。
かなりの長文のため4分割してお送りします。

まずテストに使用したファイルについては以下の通りです。
画像のファイルやフォルダーを%dst%にコピーするだけの単純な処理です。

axextend.cfg
---------------------------------------------------------------------------
;C:\Test\testフォルダーを%dst%にコピーする動作。

;Windows標準のxcopy.exeでのコピー。
:AAAAA archive
*.aaaaa
&>"xcopy" "C:\Test\test" "%dst%" /S /E /V /C /I /F /G /H /R /K /Y

;上記動作をコマンドプロンプトを介して行う。
:BBBBB archive
*.bbbbb
&>"cmd" /C ( "xcopy" "C:\Test\test" "%dst%" /S /E /V /C /I /F /G /H /R /K /Y )

---------------------------------------------------------------------------


ifextend.cfg
---------------------------------------------------------------------------
EnableGetPictureInfo

;C:\Test\test\file.bmpファイルを%dst%にコピーする動作。

;コマンドプロンプトのCOPYコマンドを使う。
:CCCCC image
*.ccccc
&>"cmd" /C ( COPY /V /Y "C:\Test\test\file.bmp" "%dst%" )

;WSHを使ってのコピー。
:DDDDD image
*.ddddd
&>"cscript" "C:\Test\ddddd.vbs" //Nologo "C:\Test\test\file.bmp" "%dst%"

;上記動作をコマンドプロンプトを介して行う。
:EEEEE image
*.eeeee
&>"cmd" /C ( "cscript" "C:\Test\ddddd.vbs" //Nologo "C:\Test\test\file.bmp" "%dst%" )

---------------------------------------------------------------------------


C:\Test\ddddd.vbs (ファイルコピーを行うVBScript)
---------------------------------------------------------------------------
option explicit

dim FS : set FS = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )
dim ArgU : set ArgU = WScript.Arguments.Unnamed

dim src : src = FS.GetAbsolutePathName( ArgU.Item( CLng( 0 ) ) )
dim dst : dst = FS.GetAbsolutePathName( ArgU.Item( CLng( 1 ) ) )

dim en

on error resume next
FS.CopyFile src, dst, True
en = Err.Number

on error goto 0

WScript.Quit en

---------------------------------------------------------------------------

2ページ目に続く。





タイトルExtend convert Susie Plug-in 1.2
記事No2999   [関連記事]
投稿日: 2018/08/11(Sat) 19:57
投稿者TORO
Extend convert Susie Plug-in 1.2 を公開しました。

対応拡張子を正しく通知できなかったのを修正しています。


タイトルPPx 1.62+2 / DirectWrite版
記事No2998   [関連記事]
投稿日: 2018/08/11(Sat) 19:56
投稿者TORO
PPx 1.62+2 を公開しました。

+1 でPPcが異常終了することがあるのを修正しています。


タイトルRe^6: PPx 1.62+1 / DirectWrite版
記事No2997   [関連記事]
投稿日: 2018/08/09(Thu) 22:08
投稿者TORO
報告ありがとうございます。この内容を次版に反映させますね。


タイトルRe: Extend convert Susie Plug-in Version 1.1
記事No2996   [関連記事]
投稿日: 2018/08/09(Thu) 22:08
投稿者TORO
こちらでも確認しました。
Plug-in側の問題のようですので調べてみます。


タイトルRe^5: PPx 1.62+1 / DirectWrite版
記事No2995   [関連記事]
投稿日: 2018/08/09(Thu) 08:17
投稿者nonbe
早々の対応ありがとうございます。
現在の所、試作版で問題は発生しておりません。


タイトルExtend convert Susie Plug-in Version 1.1
記事No2994   [関連記事]
投稿日: 2018/08/09(Thu) 07:18
投稿者fzok4234
お世話になっています。

NeeView 31.0とLeeyes 2.6.1で使用できませんでした。

axextend.SPIとifextend.SPIの両方とも設定ファイルに拡張子とコマンドを
記述しても、各アプリのプラグインの設定の所で対応拡張子が表示されていない
状態です。ifextend.cfgには最初の行にEnableGetPictureInfoを記述しています。

詳しく説明すると、NeeViewでは、設定ファイルのaxextend.cfg/ifextend.cfgに
記述したコマンドに対応する拡張子が、設定->Susie->画像プラグイン/書庫プラグインの
所で、プラグイン名の右の括弧の中に全く表示されていない状態です。このため、
設定した拡張子のファイルがブックとしてもページとしても認識できません。

Leeyesでも、オプション->プラグインの設定->読込設定の所で同じく対応拡張子のカラムに
拡張子が表示されていません。そしてファイルとしてもフォルダーとしても認識できない
状態です。

環境はWindows 7 Pro SP1 (32bit)です。
どうかよろしくお願いします。


-追記-
そのほかのSusieプラグイン対応アプリもいくつか試してみました。

本家のSusie 0.47bで試してみたところ、axextend.SPI/ifextend.SPI自体が全く認識されない
状態でした。

Hamana 1.48ではNeeViewと同じく、設定ファイルに記述した拡張子を認識しません。

MassiGra 0.45についてですが、プラグイン設定の所では拡張子は認識されていませんでした。
しかし、ifextend.cfgに記述した拡張子の画像ファイルは正しく開くことができます。一方、
axextend.cfgに記述した拡張子の書庫ファイルは開けませんでした。

あふw 1.63は、MassiGraと同じくifextend.cfgで定義した画像は開くことができ、axextend.cfgで
定義した書庫は開けませんでした。ただ、設定ダイアログのAFXWCFG.EXE上ではaxextend.SPIと
ifextend.SPIとの両方が認識されています。

だいなファイラー DYNA 3.00では、プラグイン自体が全く認識されませんでした。



タイトルRe^2: Susieプラグインの対応拡張子について
記事No2993   [関連記事]
投稿日: 2018/08/09(Thu) 04:38
投稿者fzok4234
> 一部の問題のために本来の機能を越えることもある規模の実装を
> 内蔵することで実装量のバランスが悪くなったり、バグ等の余分な
> 問題が出たりすることを避けるため、行うつもりはありません。

この「一部の問題」というのに該当するのがLeeyesとNeeViewなのですが ...

この両者は、現状ではプラグインから取得する「通常使われる拡張子」以外の
拡張子のファイルを一切開いてくれません。

NeeViewに関しては最近頻繁に更新されていることもあって、プラグインに
対応する拡張子をカスタマイズできるようにするよう開発者に対して
提案いたしました。今後のアップデートで採用される可能性があるため
期待が持てます。

しかし、Leeyesに関しては事実上開発停止になっているうえクローズドソースの
ために後継の開発者も現れず、問題解決は絶望的です。

わざわざLeeyesの仕様のために入力ダイアログやら設定ファイル処理やらの
ボリュームのあるコードを用意する必要はないとの考えに大いに納得できます。



タイトルRe^7: Cursor / Icon Susie Plug-in 1.2
記事No2992   [関連記事]
投稿日: 2018/08/09(Thu) 03:55
投稿者fzok4234
> WIC/GDI+を使ったデコーダの内蔵についても、一部のソフトの問題
> 対応のためだけに、本来の機能と同等以上の分量を実装することに
> なりますので、行いたくありません。

確かに、axcurico.spiは32,900byteなのに対してiftwic.spiは74,240byteと
2倍以上の容量がありました。WICの呼び出しは思った以上にボリュームの
ある処理だったのですね。大変失礼しました。

ということは対応の選択肢は、マスク画像の処理を行って.bmpで出力するか、
WIC対応拡張子に偽装するかの2つということとなるわけですね。

でも、マスク画像の処理って聞いただけでかなりボリュームのある処理を
強いられそうな気がするのですが ...
ということは少々気持ち悪くても拡張子の偽装が現実的な対処かもしれません。



タイトルRe^4: PPx 1.62+1 / DirectWrite版
記事No2991   [関連記事]
投稿日: 2018/08/08(Wed) 22:12
投稿者TORO
例示ありがとうございます。
こちらでは再現できていませんが、ファイル名の省略表示処理で
おかしな部分が見つかりましたので、そこを修正した試作版を
次に用意してみました。
http://toro.d.dooo.jp/ppx0808.zip

たぶんこれで解消していると思います。


タイトルRe: Susieプラグインの対応拡張子について
記事No2990   [関連記事]
投稿日: 2018/08/08(Wed) 22:10
投稿者TORO
拙作各種Susie Plug-inは、利用ソフト側がファイル毎にPlug-inのAPIを
つかって判断することを意図しています。また、通常使われる拡張子を
情報として取得可能にしていますが、ファイル内容により判別可能なも
のは、その内容に従って判断しており、拡張子が異なっていても
問題ありません。

個別Plug-inで対応拡張子の追加に対応することは、前述の理由により
必要を感じない他、一部の問題のために本来の機能を越えることもある
規模の実装を内蔵することで実装量のバランスが悪くなったり、バグ等の
余分な問題が出たりすることを避けるため、行うつもりはありません。


タイトルRe^6: Cursor / Icon Susie Plug-in 1.2
記事No2989   [関連記事]
投稿日: 2018/08/08(Wed) 22:07
投稿者TORO
デコーダを分離しても専用のDLLという点で分ける必要はありません。
現状のittwicは、ani/curの独自処理が入っている点で専用のDLLと
いえるかもしれませんが、メジャーなani/curをico扱いにするための
細工をしているだけで、独自形式の追加は考えていません。

WIC/GDI+を使ったデコーダの内蔵についても、一部のソフトの問題
対応のためだけに、本来の機能と同等以上の分量を実装することに
なりますので、行いたくありません。


>ファイルにはしかるべき拡張子が付いていたほうが扱いが楽になります。
元の話が本来の拡張子では動作しないソフトのために、一時的に別の
拡張子を付けて偽装し、問題を回避しようということなので、
たいした違いではないと思います。それにこちらはこの程度の規模の
対応で済ませる余裕しかありません。
それでも問題ということでしたら、元ソフトの方を修正すべきです。


タイトルSusieプラグインの対応拡張子について
記事No2988   [関連記事]
投稿日: 2018/08/07(Tue) 23:13
投稿者fzok4234
本サイトに掲載されているSusieプラグインは対応している拡張子が
決定されており、ユーザーが自由に拡張子を設定できません。しかし
NeeViewなどの一部のアプリは、プラグインが返す特定の拡張子の
ファイルのみそのプラグインで開く仕様になっています。このため、
プラグインにハードコードされたもの以外の拡張子を持っているが
バイナリ構造自体はこのプラグインで対応しているファイルをその
アプリから開くことができません。

例えば、axeres.spiは任意の実行ファイルを開くことができるはず
なのですが、.ocxなどのaxeres.spiにハードコードされていない
拡張子の実行ファイルはNeeViewから開くことができません。

できればユーザーが設定で任意の対応拡張子を指定できるように
して頂ければ大変ありがたいです。ですが、12個もあるSusie
プラグインを一気にアップデートするのは大変なので、今後の
アップデートのついでに対応するなど徐々に行っていただければ
結構です。また、拡張子の入力ダイアログや設定ファイルの
読み書きなどの共通するルーチンがいずれ全てのプラグインに
実装されることを考えれば、このルーチンを別DLLにして
各プラグインから呼び出す方法をとるほうがよいかもしれません。





タイトルRe^5: Cursor / Icon Susie Plug-in 1.2
記事No2987   [関連記事]
投稿日: 2018/08/07(Tue) 19:35
投稿者fzok4234
> マスク画像があるのを忘れていました。bmp形式で出そうとすると、
> マスク画像の取り扱いに困りますね。それさえなければファイル
> ヘッダの用意だけでbmpファイルの出力が可能なのですが。
>
> png形式は、一覧取得の段階で認識してますし、png ファイルが
> そのまま入っているので、それを出力すれば問題ありません。

.ico/.curを.bmpにデコードする処理は、無理にaxcurico.spi内で
自前で行う必要はないかもしれません。つまり、axcurico.spiは
展開して取得した.ico/.curのデータを一旦WindowsのWICまたは
GDI+のAPIを使って.bmpにデコードして出力するというやり方です。

すなわち、iftwic.spiおよびiftgdip.spiに搭載されているWICおよび
GDI+を呼び出す機能をaxcurico.spiにも搭載するということです。
ただし、axcurico.spiとiftwic.spiおよびiftgdip.spiとに同じ機能を
搭載することになるため、容量などの無駄が生じたりメンテナンスの
際に両方同時に行う手間がかかったりします。このため、WICまたは
GDI+を呼び出して画像データをデコードするルーチンだけを「別のDLL」
として作成し、axcurico.spiとiftwic.spiおよびiftgdip.spiとの両方から
このDLLを呼び出すという方法をとったほうが良いかもしれません。



> ただ、iftwic は、拡張子を無視して ico/cur を認識できますので、
> jxr とかの iftwic の対応拡張子に書き換えれば、iftwic に専用
> 処理を追加しなくても対応できるため、その方向にするかもしれません。
> ※バイナリエディタで、axcurico.spi 中の %03d(%dx%d-%d).ico 、
> %03d(%dx%d-%d).cur の拡張子を jxr に書き換えて確認しています。

この方法だと、ファイルの中身は.ico/.curなのに拡張子だけがJPEG XRの
物という「偽装ファイル」状態となり、アプリによっては新たな問題を
引き起こしそうです。ユーザーから見ても、しかるべきバイナリ構造の
ファイルにはしかるべき拡張子が付いていたほうが扱いが楽になります。